学科別に見る卒業後の様々な進路

日本にはファッション専門学校がたくさんあります。それだけ若者の間で服飾に携わる職業に就きたいと考える人が多いあらわれなのです。この専門学校には様々な学科があるのです。ファッション経営学コース、デザイナーコース、モデルコース、スタイリストコース、テキスタイルコースと服飾を多角的に学び技術や知識を習得することが可能なのです。専門学校の経営学コースではアパレルマーケティングや消費者心理、マーチャンダイザーなどアパレル経営に必要なノウハウ、知識を全て習得することができます。卒業後はアパレルメーカーに就職し仕入れや販売、企画部門で活躍できたり、自分でアパレルを輸入し店を構え経営することもできるのです。デザイナーコース、テキスタイルコースではデッサン、デザイン、染色、織りといった技術のほか、繊維学や材料学、構成学など知識も習得することができるのです。卒業後はファッションデザイン事務所に入りアパレルデザインをしたり、他の企業に入社し工業用デザインに従事する人もいるのです。一言にファッションの専門学校と言っても、アパレルに限らず様々な分野や企業で、色々なデザイン、テキスタイル、経営や企画、マーチャンダイザーとして活躍することができるのです。こうした専門学校で勉強し技術や知識を身につければ就職に有利なのは言うまでもありません。